スタートラインを書き換える

ココロとカラダの再構築セラピスト、竹田圭子です。

 

ずっと自分と他の誰かを比較して苦しくなっていたんだな、と思います。
最近やっと、わたしはこのままのわたしでいい、ということが身体に降りてきた感じでした。

 

いろいろなところから、何度も伝えてもらってはいたと感じます。
でも、ずっと受け取れなかったんです。
受け取らないことを選択していたんですね。

 

身体に降りてきたのがわかったのは、先日の魂語りの会でした。
そして翌日も気付かせられることがありました。
続いたことで、確信できたんです。

それをいとも簡単に言葉にしてくれた人がいました。

 

スタートラインが違う。
当たり前ですよね。
本当はみんな「違う」ということが前提なんです。

わたしは、「同じ」という前提を作っていたんですね。

でも、自分にはそれが必要だったから「同じ」っていう前提を作っていたんだと思います。
長い長~い間苦しかったのに、ふと握ってる手を開いたら、手放せた、っていう感覚です。

 

 

子どもも、最初に「掴む」ことはできるようになっても、「離す」は次の成長段階ですよね。

おー、わたし成長段階一つアップ♡

こう思えることがすごい変化だと思います。

 

ココロとカラダをゆるませたい方へ。

 

***************

快梛
info@sakai-kaina.com
LINE@ ID:@wae1631i

***************

関連記事

  1. 「なにもない」ということが大きなギフトだった

  2. 症状について

  3. 手段の目的化を拒否した結果。

  4. mask

    わたし、失敗しないので。

  5. 欲しいから与える、のではない。

  6. 関係性

    原動力とゴールの関係

  7. 14番目の月

    夜デート。

  8. 「誰か」にならなくていい。