会いに行こう。

ココロとカラダの再構築セラピスト、竹田圭子です。

 

結婚前から行っていた、大好きなお店だったところに、
新しいお店ができたと知りました。
大将がご病気だと聞いていたので、不安になってしまいました。

すぐ近くにある息子さんのお店へ行きました。

大将が厨房にいました。
奥さんの話だと、手術したとのことです。
大将、退院した翌日からお店に出ているんだそうです。

手が空いたときにわざわざテーブルまで来てくれた大将は、
思ったよりお元気そうでよかったです。

 

ご病気は、かなり早い段階でわかっていたんだそうです。
だからこそ、別にお店を用意したり、今後のことを考えていたとのこと。

当事者でなければわからないことはたくさんあるでしょう。
その状態で、悲しみや葛藤の中に居続けるのではなく、前を向いて進んできたご家族。
素晴らしいな、と思います。

あの息子さん、わたしたちがお店に行き始めた頃は、まだ3歳くらいでした。

 

 

一つ一つの料理に宿っているものがあります。
隅々まで行き届いた想いを感じるんです。
なにしろ大将の出汁と焼き物は最高なのです。

また、食べに行こう。
会いに行こう。

 

ココロとカラダをゆるませたい方へ。

 

***************

快梛
info@sakai-kaina.com
LINE@ ID:@wae1631i

***************

関連記事

  1. わたしになる。

  2. 何があっても、何もなくても。

  3. 五感の原点

  4. 見守る。

  5. 自分を知ることで自分を守る。

  6. mirror

    本音で生きるか、言い訳で生きるか。

  7. 自分を貶めていませんか。

  8. 問題を作っているのは、わたし?