1/250億 × 700万のあなた

ココロとカラダの再構築セラピスト、竹田圭子です。

 

娘の小学校でいのちの授業がありました。
保護者も参加していいとのことだったので、行ってきました。

対象は小学4年生で、性教育的なものなのかな、と思っていました。
性差、第二次性徴のお話もありましたたけど、それだけじゃなくてむしろ命の大切さがメインの内容でした。

 

 

受精卵の大きさを表したカードを作ってきてくださっていて、一人ひとりに配ってくださいました(保護者もいただきました)。
小さな穴が見えますか?
髪の毛一本の太さより小さいんですって!
(受精卵の直径は約0.1mmと言われています)

「わたし」が「わたし」として生まれた確率って、宝くじの一等が当たるより低いんだそうです。
この小さな受精卵がここまで成長することも奇跡。
日本は新生児死亡率が世界一低い国と言われていますが、年間約8000人の新生児が亡くなっているそうです。

 

1/250億 × 700万のわたし。
1/250億 × 700万のあなた。

一生のうちで作られる精子の数と、卵子の数(生まれた時が一番多い)だそうです。
(個人差、諸説あります。)

 

いらない命は一つもない

いのちの授業をしてくださった助産師さんが何度も繰り返した言葉です。
号泣してしまいそうでした。
子どもたちのための授業でしたけど、わたしにとっても大きな意味のある授業でした。
これは、保護者の方にもぜひ参加してもらいたい内容でした。
(参加した保護者は、わたし含め5人くらいでした・・・)

二人目のお子さんが生まれたばかりの男性の先生もお話をしてくださって、とてもイメージしやすかったです。

 

ここ数年でいろいろなことが癒やされて昇華してきました。
でも、まだまだ昇華しきれていないものはあって。
むしろ根っこの根っこの深い部分が残っていると感じます。

 

授業をしてくださった助産師さんはこの地域の保健センターに所属されていて、妊婦だった頃からお世話になっている方でした。
娘の新生児訪問にも来てくださいました。

授業が終わって声を掛けたら、「お久しぶりです」って言ってくださって。
「10年あっという間ねー」って。
承認と愛の方だな、と思いました。
わたしもこう在りたいです。

 

 

今日から2月。
2月!

来週は娘の10歳の誕生日です。

 

ココロとカラダをゆるませたい方へ。

 

***************
快梛
info@sakai-kaina.com
LINE@ ID:@wae1631i
***************

関連記事

  1. どんな自分も、自分。

  2. 辻褄を合わせているのは、わたし。

  3. 向こう側

    違和感の向こう側にあるもの

  4. road

    前に進むために。

  5. tiny

    しあわせなことも、そうでないことも。

  6. 鏡よ鏡。

  7. 信頼は先払い。

  8. 既に幸福である