共通言語を探す

「ストレスクリアにわたしを生きる」をサポートするココロとカラダの再構築セラピスト、竹田圭子です。

 

同じ言語を話す相手でも、通じないことって、あります。
夫とわたしは、わたしが火星人と金星人だと感じていたほど通じなかった時期があります(笑)

 

言葉って、普段使っているときは意識していませんけど、大事ですよね。
わたし自身も、こうやって書くことに対して、かなり意識して書いています。

 

仕事柄、初めてお会いする方も多いです。
短時間で信頼関係を築くことができるよう意識しています。
それが仕事の結果にも繋がりますから。

 

同じ言語を話す相手でも、伝わらないことがあります。

どういう単語を使うか、
どういう言い回しを使うか、
どんなトーンで話すか、
話すときの声の大きさとペース、

言葉だけではなくて、非言語の部分の方が情報が多かったりします。
無意識にいろいろなことを受け取って形にしているんですね。

このことに気付いたのは気付かせてくれた人がいたからです。
気付かせてもらえたのは、ものすごいギフトだったな、って感じています。

 

共通言語を探す。
わたしが相手との信頼関係を築くためにしていることの一つです。

「白」と言っても、人それぞれイメージする「白」って違うと思うんです。
その人と同じ「白」を見るために、共通言語を探しています。

 

 

4月の100分de名著は、岸見先生が指南役で出演される、
マルクス・アウレリウス『自省録』です。
テキスト届きました❤

4月は毎週岸見先生にお目にかかれるのが嬉しいです❤
(ディスプレイ通してですけどw)

 

ココロとカラダをゆるませたい方へ。

 

***************
快梛
info@sakai-kaina.com
LINE@ ID:@wae1631i
***************

関連記事

  1. 振り回してる?振り回されてる?

  2. 足るを知る

  3. こじらせなくても。

  4. 手段は選ぼう。

  5. 間違いなんて存在しない。

  6. 日常

  7. 見ているようで観ていなかった。

  8. 悩みがなくならないのは、悩みを消そうとするから。