世界で一番可哀想で不幸なのはだあれ?

「ストレスクリアにわたしを生きる」をサポートする
ココロとカラダの再構築セラピスト、竹田圭子です。

 

わたしだけが、こんなにしんどくてつらい。
わたしだけが、どうしてこんなに苦しいの?

そう感じていた時期がありました。

 

今思うと笑えちゃうんですけど、
そのときは不幸の中心に居ました。

 

世界で一番可哀想で不幸なのはわたし。
そう思い込むことでしか
得られないものがあったんです。

 

 

わたしを世界で一番可哀想で不幸な人にしていたのは、
わたしでした。

ずっとそのことを認められずにいました。

そんな自分はダメ。
有り得ない。

消そうとすればするほど、
わたしは可哀想で不幸な人になります。
実はこれも思い通りなんです。

 

でも、
どんな自分も認めることができたら、
笑えてきたんですよね。

 

ストレスクリア®コーチングのセッションで、
「◯◯なわたし」がいることを認めたら、
いろんなことが繋がりました。

 

鏡よ鏡
世界で一番可哀想で不幸なのはだあれ?

これをやっていたんです。

映るのはわたししかいないのに(笑)

 

 

買い物から帰ってきたら、塀の上にとらのすけが居ました。
今日も暑かったねえ。

大阪に戻って、暑さにやられています。
温度差がキツいですね(;´∀`)

 

ココロとカラダをゆるませたい方へ。

 

***************

快梛 info@sakai-kaina.com
LINE@ ID:@ygr8154m

**************

関連記事

  1. 正しい答えはどこにある?

  2. 思考の整理

  3. 胎内

  4. 見える?見えない?

  5. メッセージ

  6. 最初の一歩

  7. 「認めてほしい」は本当に「認めてほしい」なのか?

  8. 関係性