夏休みの終わりに。

「ストレスクリアにわたしを生きる」をサポートする
ココロとカラダの再構築セラピスト、竹田圭子です。

 

娘の学区では、今日が夏休み最終日です。

わたしが子どもの頃の夏休み最終日は・・・
半泣きで宿題していました(苦笑)

ドリル系はさっさと終わらせるけど、
工作が苦手でした(T_T)

 

低学年の頃は、それだけでした。

 

でも、高学年になって、いじめに遭いました。
だから、学校に行くのがものすごく憂鬱でした。

あの頃は、毎日死にたいと思っていました。

 

でも、死なずにここまで来ました。

おかげで娘に会えたし、
たくさんの出会いがありました。

 

今だからこそ、
あの頃の「死にたい」気持ちは逃げだったな、と思えます。

でも、あの頃は、逃げでもいいからこの情況から抜け出したい
って思っていました。

 

 

夜、実家の裏の、田んぼに抜ける道で泣いたっけ。

 

 

親に話そうなんて思ったこともなかったですし、
(恐らく母はわたしにそんなことがあったなんて今も知りません)
相談できる人もいませんでした。

そもそも「誰かに言う」なんて考えたこともなかったです。
でも、今はそういう空気や流れがあります。

 

信頼できる誰かがいたら、よかったな。
だから、そんな「誰か」になろうと思いました。

もしかしたら、
これがわたしの原点なのかもしれません。

 

つらい思いをしているけど伝えられない人に気付くことができたらいいな、と思います。
でも、これって割と近い関係じゃないとできないんですよね。
そのために近い関係を築けている必要も、あります。

 

だから、伝えてほしい。

人は、誰もが弱い部分があります。
弱いことは、悪いことじゃないですからね。

これは子どもとか大人とか関係なく。
伝えてほしいと思っています。

 

 

4年前の夏休みに、
実家に帰省して遊んでる弟の息子くん(娘の従兄弟)と娘です。

これから成長していくに連れて、
悩みの質も変わって、つらい日もあるかもしれません。

 

娘がそんな情況になるかわからないし、
もしもそんな情況になったとして
わたしに話してくれるかはわからないですけど、

いつでも聴けるわたしでいたいし、
話せるような関係性を築いていたいと思います。

 

 

 

堺市ゲートキーパー養成研修を受講しています。

ゲートキーパーとは、
●悩んでいる人に「気づき」、「声をかけ」、「話を聴いて」、「必要な支援につなげ」、「見守る人」のことです。
●気軽に悩みごとを話せる身近な相談役です。

ゲートキーパーとは?(堺市のページに移動します)より引用

 

 

伝える勇気を、待っています。

⇩ ⇩ ⇩

公式LINEアカウント ➜ @ygr8154m
メール ➜ info@sakai-kaina.com

関連記事

  1. 北風と太陽

  2. スイッチを切り替える

  3. 腑に落ちる、ということ

  4. 早起き白湯生活

  5. お疲れさま、ありがとう。

  6. こじらせなくても。

  7. メッセージ

  8. Hikaru Utada Laughter in the Dark T…