わたしの思い込みは、すべての人の当たり前ではない。

「ストレスクリアにわたしを生きる」をサポートする
ココロとカラダの再構築セラピスト、竹田圭子です。

 

昨日は3連休の始まりの土曜なのに、昨日は予約がいっぱいで。
ありがたいことです。

予約の時間に初診の患者さんが来なかったんです。
多少の遅れはよくあることだから、しばし待ちます。
でも、次の予約もあるんですよね。

 

最初は、「待つ」ことにフォーカスしていたから、
ずっと時間が気になっていました。

そういう時は、他に何もできずただ時間が過ぎていきます。
もやもやした気持ちを引き連れて。

でもフォーカスを変えると、
その時間は全く別物の時間になります。

 

フォーカスを変えたら、
待つ時間に、事務仕事や読書ができました。
もやもやした気持ちも手放せていました。

 

「予約時間に来ない」
っていうことにフォーカスしていると、
自分が被害者のように感じられました。
これ、実はわたしの得意の自己憐憫に持ち込むパターンなんですね。

でも、相手にも何か事情があったんじゃ?
そう思えることで見える景色は違います。

意識が自分向きか外向きか、っていうことなんですよね。

 

時間は守るべき。
っていう強い思い込みが、わたしにはあって。

それが子育ての中でわたしと娘を苦しめていたことを思い出しました。

 

もちろん、それが人生を左右するような
時間を守るべき場面もありますけどね。

思い込みは、大抵は
すべての人の当たり前ではなかったりします。

 

手放すことを知ったわたしは、ホント生きるのが楽になりました。

 

昨日から娘と夫が旅に出ているので、
仕事以外は手放して堕落した生活してまーす(≧∀≦)

   ⇧

「キチンとした生活をしなきゃ」
っていう思い込みを手放しています(笑)

 

 

ここ数日とらのすけが毎日朝夕遊びに来てくれています。
涼しくなったから、なでなでもさせてくれる。
前から手を出すとガブリ、ですけど(;´∀`)

とらのすけも、当たり前なんてないことを教えてくれます。

 

ココロとカラダをゆるませたい方へ。

 

***************

快梛 info@sakai-kaina.com
LINE@ ID:@ygr8154m

**************

関連記事

  1. 目の前の現実から逃げていただけ。

  2. 偏り

  3. 鏡よ鏡。

  4. 学びにする。

  5. わたしになる

  6. 感情で支配しているもの

  7. どんな関係性で居たい?

  8. 意味付けを変える