存在しているということ

 

写真は、昨日の夕方の空です。
雲がきれいで、ちっちゃく月が見えました。

 

もっと感覚を信じていい。
この空を見たとき、そんな風に感じたんです。

かなり感覚を信じれるようになりましたけど、
それでもまだ流されることが多くて。

もちろん流されてもいいし、揺れてもいいんです。

いつでも立ち戻れることを知っていますから。

 

そんなことを感じたタイミングで、
真美さんの魂語りの会に参加できました。

 

ゴールがあるとすれば
ありのままさを圧倒的に許したとき、
それが自分を愛するということで
受容するということ。

ありのままであることを否定するのが、恐れ。

でも、ありのままがいいとか、恐れが悪いとか、
そういうことはなくて

ありのままでいいし、恐れてもいい。

受動的であってもいいし、能動的であってもいい。
できるできないではなく、やるかやらないか、だけ。
起点がどこにあるかが違うだけ。

 

すべてのことが許されているんですよね。
だから、ここにこうして存在しています。

すべてのことを体験するために。

 

ココロとカラダをゆるませたい方へ。

***************

快梛 info@sakai-kaina.com
LINE@ ID:@ygr8154m

***************

関連記事

  1. 価値と評価を分ける

  2. 何度も再受講する理由。

  3. 存在

  4. こんな時だからこそ。

  5. 声

    恐れではなく愛である。

  6. 関係性は、自分へのメッセージ

  7. 変わらない関係

  8. メッセージ