望む未来を現実にするには。

「お互いを一個人として尊重しあえる状態」

日曜のNLPプラクティショナーコースで、
望む未来としてわたしの内側から出てきたことです。

 

尊重は、尊敬とも呼ばれ、誰かまたは何かが重要であると考えられている、または高い尊敬または尊敬の念を抱いていることに対して示される前向きな感情または行動です。それは、良質または貴重な資質に対する賞賛の気持ちを伝えます。

Wikipedia(英語)より

 

尊重って、自由にすることを認めることじゃないですよね。

価値観の違いや感じ方の違いを
「違い」として認めることなんじゃないかな、って思います。
そして、自分の価値観や感じ方を押し付けないことなんじゃないでしょうか。

 

別の人間なんだから、価値観や感じ方が違うのは当然のこと。
でも、なぜか人は「同じ」でありたがるんですよね。
(もちろんそういう人ばかりではありません。)

 

わたしは愛されるために自分を偽っていましたけど、
自分の価値観や感じ方をないものにして
相手の価値観や感じ方を自分に取り入れてきました。
その結果、偽りの自分が生まれたんです。

価値観や感じ方は人によって違うものなのに
いろんな人の価値観や感じ方を取り入れ過ぎて、
わたしの内側は光さえも通さなくなりました。

まるでいろんな絵の具を混ぜて出来上がった色のように。
どれが自分の色なのかなんて、思い出せないくらいに。

 

価値観や感じ方が違うことが
「いいこと」や「悪いこと」じゃありません。

そう思うから、わたしは自分の価値観や感じ方を
他者に押し付けないようにしたいと思っています。

誰かが自分の価値観や感じ方を他者に押し付けていても、
それはその人の考え方です。
だから、尊重はします。
共感も賛成もできなくても、です。

 

それでも、わたしだって押し付けることはあります。
人は完全ではないから人なんですよね。

でも、間違えたことに気付けば、
いつでもやり直すという選択ができます。

 

望む未来を現実にするには。
わたしがわたしで在り続ければいいんですよね。

 

 

昨日の朝、とらのすけが来ていました。
しょっちゅうケンカしてるようで、傷だらけでした。
そして、一時期よりかなり痩せています。

だからってどうもできないししないんですけど、
どんなときも彼の生き方を尊重して見守っています。

それはわたしが勝手にしていることですけど(笑)

 

ココロとカラダをゆるませたい方へ。

***************

快梛 info@sakai-kaina.com
LINE@ ID:@ygr8154m

***************

関連記事

  1. 季節が変わる

  2. 次に向かうのは

  3. これからどうするか

  4. 身体が教えてくれる。

  5. 35years

  6. 強制執行。

  7. 丁寧に。

  8. 同じ部分に繰り返しトラブルが起きるとき。