竹田 圭子

竹田 圭子(たけだ けいこ)

30代続く神主の家に第一子の長女として生まれる。

跡継ぎになる期待に応えられなかった家庭内で居場所を保つために成績優秀・生徒会役員・品行方正に務め、大人からの信頼を得ることに必死となる。
反面クラスメイトからはいじめを受けていた。

母の実家は薬局、母も祖母も叔父も薬剤師という環境で「将来は医師に」という親の期待を背負い、進学高校に入学。
高校に近い母の実家で病気の祖母のサポートをしながら下宿。
親元を離れた解放感からか友達との学校生活に自由の楽しさを見出し、医師になる親の期待から遥か遠ざかる。

臨床検査技師の資格を取得し医療の仕事に5年間携わる。
この時激務により腰痛を発症し、かかった整体院で治療の仕事に興味を持ち自然形体療法を学ぶ。
整体資格取得後、19時には周辺が真っ暗になる田舎で独立開業。
修行時代に症状解消のアプローチはカラダだけでもココロだけでも解決しないことに気づいていたため、ココロとカラダの声を聞きながら施術に明け暮れる。
その結果、女性一人院で年収700万を挙げ同業の仲間に驚かれる。毎日が充実し大切な居場所と実感する。
結婚により引越しするまでの5年間、のべ12000人以上の施術に携わる。

大阪に転居し結婚 。出産、子育てを経験する。
自分が辛い想いをしてきた子育てと同じ子育てをしてしまっていることに苦しみ、子どもと向き合う日々の中で、母親に縛られて不自由でいることでいろいろなことを母親の責任にしてきたことに気付く。
このままでは自分の人生を生きられないと感じ、実母との関係を見直すことになる。

幼少から「誰にも言えない」「聴いてもらえない」という思いが強かったが、NLP(実践心理学)を学び、「世界は常に開いているが自分が進まないという選択をしているだけ」と気づく。
この後、子どもとの関係はもちろん、断絶していた主人との関係も劇的に回復。

第一子ゆえの悩みや、母娘関係の問題、自己肯定感の問題などで身体に症状が出ている患者に、ココロとカラダの施術を提供している。
【聴くーlisten、question】スタンスを大事にし、目の前のヒトに常に世界を開き、患者の世界を拓こうと活動中。

新潟県胎内市出身

新潟県立村上高等学校卒業
新潟医療技術専門学校 臨床検査技師科卒業
臨床検査技師免許取得

一般社団法人 新潟県労働衛生医学協会 入社
5年間勤務、退社して自然形体療法を学ぶ
村上市にて 中西自然形体院 開院

結婚を機に堺市へ

経歴

2019年
・一般財団法人しつもん財団認定 ライフツリーカードガイド 取得
・アクセス・コンシャスネス フェイスリフトプラクティショナー 取得

2018年
・仮面心理学KIDSクラス 受講
・一般社団法人ジャパンストレスクリア・プロフェッショナル協会認定ストレスクリア®実践コーチ 取得

2017年
・一般財団法人しつもん財団認定 漢字カードマスター 取得
・堺市 ゲートキーパー養成研修(ステップアップ編) 修了
・仮面心理学認定 ベーシッククラス ファシリテーター 取得
・堺市 ゲートキーパー養成研修(基礎編) 修了
・問塾上級クラス 受講

2016年
・ツメフラスクール講座 修了

2015年
・一般財団法人しつもん財団認定 「イライラしないママになる」魔法の質問キッズインストラクター 取得
・米国NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー 取得
・米国NLP協会認定 NLPプラクティショナー 取得

1998年
・自然形体療法 受講

1993年
・厚生労働大臣認定 臨床検査技師免許 取得

メッセージ

臨床検査技師の仕事をしている時から不調を感じていました。
(頭痛、偏頭痛、顎関節症、肩こり、腰痛、ぎっくり腰、股関節症、酷い生理痛、捻挫、交通事故の後遺症、etc)
そんな時、自然形体療法に出会い施術を受け、身体の調子が良くなっていくにつれて施術の仕事の素晴らしさを感じ、自然形体療法を学んで開業しました。
自らも患者だったこと、また、結婚・出産を経て経験した多くのことや、様々な学びから得られたたくさんのエッセンスを活かして、クライアント様のお力になりたいと思っています。